「 投稿者アーカイブ:不動産専門家 」 一覧

no image

傷んだ空き家の解体後押し 神戸市、年間500戸助成

老朽化した空き家の解体を進めるため、神戸市は2019年度市内全域を対象に年間500戸の解体費用を補助する方針を固めた。 住宅密集地などエリアを絞らずに補助するのは全国でも例が少なく、対象戸数も最大規模 ...

no image

写真を見て最新の更地・空き家・老朽化アパートの土地情報を収集できる土地情報提供サービスを不動産事業者向けに公開。

タンブルバー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:茅野 智路、以下タンブルバー)は、東京エリアを中心として最新の更地・空き家・老朽化アパートの現地写真から自社に活用できる物件を選んで取得できるサービ ...

マンション売却査定の注意すべき点とは

2018/05/10   -空き家売却

マンションを売却するかどうか決める前に、まずいくらで売れるのか知りたいですよね。 売却価格を知るには、不動産業者に査定を依頼することになります。 しかしどの会社に頼めば良いのか、正しい査定が出るのか不 ...

不動産価格決定の上で重要な「1物4価」をご存知ですか?

2018/05/10   -空き家売却

土地の取引価格を決めるうえで参考にされる公的な基準。 これには、「相続税路線価」「地価公示(基準)価格」「固定資産税評価額」「時価」の4つがあります。 1つの土地に対して値段が4つあるということです。 ...

常陽銀行 リバース・モーゲージの特徴・評判とは

2017/10/12   -空き家売却

茨城県に本店を置く地方銀行である常陽銀行は、リバース・モゲージ型ローンである「住活スタイル」を提供しています。 リバース・モゲージは一般的にシニア向けの商品の印象が強いですが、常陽銀行のリバース・モゲ ...

広島銀行 リバース・モーゲージの特徴・評判とは

2017/10/12   -空き家売却

広島県に本店を置く地方銀行である広島銀行は、「きらめき」と言う名でリバース・モーゲージ型ローンを提供しています。 広島銀行のリバース・モーゲージの特徴は、広島市内の中心部の戸建を担保としたものと、広島 ...

不動産査定書の金額で依頼先を決めないほうが良い3つの理由

2017/09/15   -空き家売却

せっかく不動産査定書を受け取ったのに、金額しか見ていない人はいませんか? 不動産を売却する際は、まず不動産会社に物件の査定を依頼します。 その内容を見て売却仲介の依頼先を選ぶのですが、この時、金額だけ ...

JTIが行っている「マイホーム借上げ制度」のメリット・デメリットとは

2017/08/28   -空き家売却

先祖代々暮らしてきた家に、子どもが住むというケースが減った現代。 親から相続した空き家の処分に困っている方は多いのではないでしょうか。 そんな方にぜひ知っていただきたい制度が、JTIが行っている「マイ ...

不動産査定前に路線価で金額を算出しましょう

2017/08/28   -空き家売却

不動産会社に所有する不動産の査定を依頼すると、現地を調査され、査定額を提示されます。 多くの方はその金額をみても、何が根拠になっているのかさっぱりわからないのではないでしょうか。 不動産の査定額は、土 ...

民泊新法を踏まえた今後の遊休資産活用

2017年6月9日、参議院本会議で可決・成立した「住宅宿泊事業法(民泊新法)」。 早ければ2018年1月に施行されるといわれています。 民泊新法は、民泊の健全な普及を目指して運用ルールを定めたものです ...

Copyright© 空き家活用大辞典 , 2019 AllRights Reserved.