「空き家関連ニュース」 一覧

no image

傷んだ空き家の解体後押し 神戸市、年間500戸助成

老朽化した空き家の解体を進めるため、神戸市は2019年度市内全域を対象に年間500戸の解体費用を補助する方針を固めた。 住宅密集地などエリアを絞らずに補助するのは全国でも例が少なく、対象戸数も最大規模 ...

no image

写真を見て最新の更地・空き家・老朽化アパートの土地情報を収集できる土地情報提供サービスを不動産事業者向けに公開。

タンブルバー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:茅野 智路、以下タンブルバー)は、東京エリアを中心として最新の更地・空き家・老朽化アパートの現地写真から自社に活用できる物件を選んで取得できるサービ ...

民泊新法を踏まえた今後の遊休資産活用

2017年6月9日、参議院本会議で可決・成立した「住宅宿泊事業法(民泊新法)」。 早ければ2018年1月に施行されるといわれています。 民泊新法は、民泊の健全な普及を目指して運用ルールを定めたものです ...

民泊新法成立。年間180日の制限で民泊の運用はどう変わる?

2017年6月9日、民泊の健全な普及に向けたルールを定めた「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が参議院本会議で可決されました。 これまでは旅館業法の範疇とされてきた民泊。 しかし、小規模な宿泊場所提供事業者 ...

和歌山県が設定した「放置空き家判定の新基準」とは

2015年2月に施行された「空き家対策特別措置法(特措法)」。 それ以来、放置空き家や空き家の管理について高い関心が集まるようになりました。 特措法では各自治体が空き家の現況を調査し、管理が不十分な空 ...

no image

仙台市が空き家解体費用の助成開始か

仙台市は2017年から21年の間に行う「市空家対策計画」の最終案をまとめました。 この最終案では2017年・18年を集中対策期間として、空家解体費用の助成などを行い自主的な改善を後押しします。 市空家 ...

Copyright© 空き家活用大辞典 , 2019 AllRights Reserved.